信用情報もチェックすべき即日事業融資

信用情報もチェックすべき即日事業融資

即日の事業融資ができたサービス(女性50代)

急な出費に困っていた時に頼りになったのが消費者金融の事業融資でした。5年近く使用していた大型のコピー機が故障してしまったのですが、その次の日には必要な印刷が大量に残っていました。コンビニ等で印刷することもできますが、ついでにコピー機を新調してしまおうと思い即日利用ができるという事業融資を頼ることにしました。審査の申し込みはその瞬間に行って、次の日の朝には審査結果が届きました

 

そして午後には近くの電気屋に行って必要なコピー機を購入でき、なんとかコピーと発送も終わらせられました。借りた金額は約120万円でしたが、非常に良いコピー機が手に入り、仕事もうまくいって利益は回収できました。返済も1年かけて済ませられたので金利も大きくならずに済みました。即日融資で200万円まで借り入れできるサービスを利用したのですが、金利は約10%で大きな負担もありませんでした。借り入れをする時に多少の不安はありましたが、しっかりと契約も確認でき、それまで延滞や滞納もしていなかったため、スムーズに審査が終了しました。

 

日頃の真面目な管理はとても大切だと実感した瞬間でした。即日融資はデメリットも有るようですが、急な出費に備えてくれているという点非常にありがたいです。事業計画や収入証明などが無くても比較的安い金額は借り入れができるというのも嬉しかったです。多くの場合は1000万円や2000万円という大金を消費するようなので、100万円程度ではそこまで大きな心配はいらないようでした。

 

法人によっては手続き次第で即日融資

借入金額と会社の信用が大切

事業融資を有利に進めるには借入金額をしっかり算出することが大切です。会社そのものの業績や社会的な信用、社員の借金率なども考えながら銀行に申告する必要があります。借入金額がキャッシングやカードローンレベルの場合や、すでに十分な信用が確立されている場合には即日事業融資をしてもらえる可能性もあります。

 

主にそれができるのは銀行ではなく、消費者金融や事業融資専門のサービスなので金利面でも注意が必要です。利益が十分期待できる事業向けの借入では金利も法律のすれすれのところに設定されている可能性が高く、返済回数も少なく設定されていることが多いです。即日利用できるからと言って安易に借り入れをしてしまわないように注意しましょう。

 

申し込みや仮審査は早めにしよう

即日融資を受けたければキャッシングやカードローンと同様に、早めの申し込みが大切です。早く申し込みをすれば審査に取り掛かってもらうのも早くなり、タイミングが良ければ即日、2日程度で借り入れができます。ネット上で行う仮審査はかなり早いですが、本審査は自動ではないのである程度は時間がかかることを意識しておきましょう。

 

申し込みは会社の情報や経営者の情報を入力すればスムーズですが、入力には少し時間がかかるので深夜帯に行う場合にはできるだけ日付が変わらないうちにやってしまいましょう。遅くとも次の営業開始前には申し込みできていれば、順番に審査が始まるので即日融資も可能になります。仮審査も申し込み前にしっかり用意できるようにし、契約内容の確認も怠らないようにしましょう。

 

ネット上のサービスは特に便利

事業融資もネット上で行えるようになっています。ネットからの申し込みで事業融資ができるので、金額によってはネットキャッシング感覚で活用してみましょう。インターネット経由の場合には指定する希望の口座に借入金額が入金されるので、そこから資金繰りを始められます。このとき会計上の問題があるようならば、異なる口座や経営者の口座を活用するのもよいでしょう。

 

一括管理している場合には、経理を通してしっかりと進めていけば会計処理で面倒になることもないでしょう。ネット上から申し込めるサービスは非常に便利なので、よく工夫して契約内容の確認も合わせて行っていきましょう。様々なサービスがあふれているので損をしたり、無駄を出したりしないように事業融資を活用していきましょう。