銀行で受けられる事業融資の規模と準備

銀行で受けられる事業融資の規模と準備

銀行でも受けられる事業融資(男性40代)

最近は消費者金融でも多く提供されている事業融資は、やはり銀行で使用するのがよいでしょう。銀行では消費者金融よりは高額な費用の借り入れができ、金利が安いことも銀行融資の魅力です。私は、輸出入の関係の仕事で一度に高額な仕入れ費用が必要だったので銀行を頼って500万円まで借りれるサービスを活用しました。

 

仕入れでは200万円ほどの商品を仕入れて日本のクライアントに販売する仕事だったので、利益も十分あり返済も一括でできました。最初の借り入れで仕入れと取引ができましたが、決して利益が十分残るわけでもないので何度もそれを繰り返して会社に余裕が残るように工夫しました

 

だいたい数回取引した所で借金の金額も減らせるようになり、今は本当に不足する分だけを借り入れるようにしています。そこまで多額な借金にならなくなったのでかなり負担が減り、精神的な余裕も出てきました。消費者金融ではここまでの資金の余裕もなかったと思うので、とても頼りにできました。今でもサービスは解約していませんが、また資金が必要になる可能性もあるのでもう少しだけ様子を見ようと思っています。

 

銀行の事業融資は決して楽ではなく、審査は厳しく返済に関してもかなり厳密な説明を受けました。そのため、借り入れを滞納することもなく銀行との信頼関係も築くことができました。一度は増額融資の話も持ちかけてもらえるほどになり、今後も少しずつお付き合いを続けていくことになるでしょう。

 

銀行の事業融資で大型設備も導入可能になる

手堅い銀行からの事業融資

銀行から借りられる融資は、その金額も非常に大きく、工場単位でのまとまった設備導入や資金繰りでも活用できます。会社を設立するときにも頼りにできるサービスですが、審査が非常に厳しく一定期間での審査もあります。

 

カードローンやキャッシングに比べると審査の回数が多いことも負担になりますが、事業がスムーズに進み、利益を挙げられていれば特に銀行からなにか言われて融資を打ち切られることもないです。銀行からの借り入れは金額も大きく手堅く利用できるというのが最大のメリットなので、計画的に活用しましょう。事業に集中していきたい方にとっては特に嬉しい内容である場合が多いので、銀行からの融資を受けられるように準備を行いましょう。

 

信用と収入が一番大切

銀行から事業融資を受ける場合には、信用情報と会社の評判、利益が十分出ていることと事業がある程度長く続けられている事も大切になります。ビジネスとして利益がきちんと出るようになっているかどうかも大切な審査ポイントです。時には、社会への貢献度を重視して融資を検討してくれることもありますが、利益がしっかり出せるように経営面でアドバイスが有ることも一般的です。

 

税理士に頼るよりは具体的な例を上げてくれるので、融資を必要とする場合には経営改善も視野に入れて銀行をパートナーのように考えて対処していきましょう。収益があれば良いというわけでもないので、担保となるものがあるかどうかも重要です。

 

銀行の融資には時間がかかる

銀行には潤沢な資金と余裕がありますが、審査にはかなり時間がかかると考えたほうが良いでしょう。地方銀行では特に、地域での評判や信憑性、将来性や、地域への貢献度も大切なポイントです。地方銀行でも大手の銀行でも審査の厳しさは変わらないので、決して準備を怠らないようにしましょう。

 

複数の銀行に融資を依頼するのもあまり良くないことなので、十分な注意と対策を立てながら一つの銀行を頼りにすることも大切です。会社の可能性をしっかりと考えてくれる銀行を選び、時間がかかっても事業融資を安全に行えるところを選びましょう。時間がかかるのは覚悟して、事前の書類の準備もしっかり行なっておくと時間を少しでも短縮できます。